児玉地域のサッカーを考える会
会 則  児玉のサッカー史   お問合せ  .
   『児玉地域のサッカーを考える会』とは

 「児玉地域のサッカーを考える会」とは
今から半世紀前の昭和43年に社会人チームの児玉クラブが関東
サッカーリーグ入りし、昭和49年には、リーグ優勝しました。また、
児玉中学校は、昭和45年の全国中学校サッカー大会に出場、児玉町
サッカー少年団は、昭和47年の全国サッカー少年団大会で準優勝、
児玉高校は、インターハイ三重県大会で優勝、全国高校サッカー選手権
3位など、各部門が児玉町の名を全国に広めました。どの部門も良い
成績を残せたのは、少年から中学校へ、中学校から高校へ、高校から
社会人へと、うまく繋がっていたからだと思います。
 その後、平成3年にJリーグがスタートし、全国的にサッカー熱が
広がっていきました。また、平成18年の本庄市との合併で、児玉町
サッカー協会が解散しました。このような流れの中で、現在どの部門
も低迷が続いています。
 低迷している児玉地域のサッカーを立て直すのは、今しかありま
せん。
みんなで、児玉地域のサッカーを考えてみませんか!


 児玉地域のサッカーを考える会がめざすもの
・児玉地域のサッカーの普及と育成につとめ、他の
 地域との 親善 を図り、社会体育の充実に貢献
 すると共に、地域の発展に寄与する。

・長期持続と世代交代ができる組織を目指す。

・特に、小学生年代チームと中学生年代チームの
 育成、強化に力を入れる。

・子供たちの「行儀」や選手の「マナー」のほか、
 「チャレンジ する」 気概を 持たせるなど、
 育成、強化方針を明らかにする。


 会員になって児玉地域のサッカーをともに立て直しましょう!

私ども児玉地域のサッカーを考える会の発起人一同は、かつて盛んだった児玉地域のサッカーを立て直し、まちづくりや地域おこしのお役に立ちたいと考えております。旧児玉町と旧本庄市との合併により、平成18年3月に解散した「児玉町サッカー協会」に代わる「児玉地域のサッカーを考える会」を設立し、社会人チーム、高校生年代チーム、中学生年代チーム、小学生年代チーム、幼稚園児チームを支援する長期持続と世代交代ができる組織づくりを目指します。つきましては、児玉地域のサッカーを考える会の資料をご覧いただき、児玉地域のサッカーを考える会にご入会して下さるようお願い致します。

ご入会には、「入会申込書」が必要になりますので、ご記入いただき、下記の事務局まで連絡下さるようお願い致します。


「児玉地域のサッカーを考える会」の連絡先
  榎本康雄
  TEL080-6598-4283
E-mail kodama@kodama-soccer.org
児玉地域のサッカーを考える会 facebook 児玉サッカークラブ twitter

 児玉地域のサッカーを考える会は会員の
 会費と寄付にて運営しております。
 会員にはならないけど応援したいと
 思っている方々、ぜひ考える会に
 ご寄付をお願いいたします。
 

 Copyright(C)2018 児玉地域のサッカーを考える会 All Rights Reserved